■満腹になり減量を可能にする食材


キャベツダイエット

キャベツダイエットとは、キャベツに含まれるイソチオシアネートやビタミンUによって、抗ガン効果や胃腸回復を図り、その食物繊維によって 満腹感を感じてダイエットする方法です。




キャベツはガン予防の可能性が高い食品リストで、 ニンニクに次いで高い評価を得ています。

また、荒れた胃や腸を元気にしてくれるビタミンUをたっぷり含んでいます。

ビタミンUは、胃腸薬に配合される粘膜修復成分としても知られています。

さらにビタミンUは、冷蔵庫の中で保存するとより増えることがわかっています。


キャベツダイエットの実践方法

毎食、食事の前に生のキャベツ6/1(150g)を、千切りや、ザク切りにしてサラダとして食べる。

そのあとに通常の食事を食べる。

ただし、食べる量はキャベツと合わせて腹八分目までとします。

キャベツには、ノンオイルのドレッシングをかけるのが理想。

しかし、かけすぎなければオイル入りのドレッシングでもかまいません。

これを3ヶ月続けると、4〜10キロ痩せたという報告がなされています。

お皿に山盛りのキャベツサラダは、お腹がいっぱいになって満足感を得られるものです。

さらに、このキャベツの上に、納豆をかけて食べると、 納豆の栄養と食物繊維がダイエットには相性抜群です。









inserted by FC2 system